ピアノを始めたいと思った場合、独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)で練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)するのとスクール(義務教育で通わなくてはいけない学校とは違いますから、楽しめるかどうかを重視して選ぶといいかもしれません)に通うのではどちらがいいのでしょうか。 子どもがピアノ(思い切って買ったはいいものの、結局、弾かなくて邪魔になることも少なくありません)を習うのであれば、1対1指導してくれるスクールに通うのをオススメします。 親が子供に教えられるくらいピアノが上手なら話は別ですが、そうでなければ、子供が独学でピアノを弾く事が出来るようになるのはかなり難しいでしょう。 決まった時間にスクールに通い、基礎からきちんとプロに教わった方が上達します。 それに、発表会などがあれば、モチベーションも上がるといわれています。 一方、大人が趣味でピアノ(楽器そのものの価格も安くはないですが、調律にもお金がかかります)を始める場合には、どちらかといえね、独学の方がいいケースもあるかもしれませんね。 当然、スクールに通う時間の都合がつくなら、独学よりも効率よく学べるだと言われています。 でも、仕事や人付き合いなどの関係で上手にスケジュールが合わないと、ついうっかり通えなくなってしまいがちです。 最近では、大人が独学でピアノ(楽器そのものの価格も安くはないですが、調律にもお金がかかります)を弾けるようになるための教材なども豊富に販売されています。 それらを利用すれば、スクールに通わなくても趣味レベルでは十分なくらい弾けるようになれます。 それで物足りなくなったら、スクール(義務教育で通わなくてはいけない学校とは違いますから、楽しめるかどうかを重視して選ぶといいかもしれません)に通うと良いでしょうねー